夢家ハチマン

京都ブランド 夢家ハチマン

 

 

商品カテゴリ

全商品
送料無料

コンテンツ

ブログ

Facebook

 

KyotoJapan

 

メール会員登録

 




▲クリックすると動画が別窓で開きます。


▲ファッションショーON THE RING IN 大阪(動画配信)
 
HOME»  京都の職人紹介

京都の職人紹介

京の伝統「手描友禅」と、現代技術「立体塗料」の融合



 

■丹精込めて創造される美しい絵文様


友禅染は元禄の時代に、宮崎友禅斎が「より美しい文様染を」と、京都で完成させた染色技術。手描友禅は本来の友禅染の技法で、すべての工程を手描きで行うものです。
まず友禅絵師が図案を考え、それをもとに白生地に絵柄を描いていきます。
この絵柄を上からなぞるように、均一な細さの繊細な輪郭線(糸目〈いとめ〉)を、糸目友禅職人が入れていくのが大きな特徴。「糸目糊(いとめのり)」と呼ばれる防染糊を用いることで、輪郭線には色が染まらず、白く浮き上がります。
色挿しの工程は、糸目糊による輪郭線が描き終わった後。筆による手描きで、輪郭線の内側に一色一色のせられていきます。
染料を乾燥させ、糸目糊を洗い落とし、生地を蒸して色を定着させれば完成。
繊細な柄、豊かな色づかいの華麗な絵文様は手描友禅ならではです。

 

■友禅染から「京高盛絵」の立体芸術へ

手描友禅の魅力に、迫力とインパクトをプラスしたのが「京高盛絵」です。従来の友禅の染料に代わり、(株式会社 小さなロマンスによって)独自開発された発泡ウレタンを主原料とする立体塗料を使うことで、絵柄が高く盛り上がります。これまでの平面による友禅染の表現が、立体塗料という現代の技術によって、3次元の芸術作品へと進化しました。
京高盛絵の制作工程は、手描友禅と同様、すべてが手作業です。京都の友禅絵師たちが一点一点、丁寧に絵柄を描き、色挿しでは立体描画の技を駆使しながら一色一色のせていきます。
立体塗料の色の種類も豊富で、多色で鮮やかな仕上がり。立体部分を細やかに設けるほど、京高盛絵の特徴を活かした作品ができますが、シンプルなデザインにも活き活きとした迫力を与えることができます。

 

■高いクオリティとファッション性

立体塗料は粘性があり、生地にのせて乾燥させた後、熱を加えることでふっくらと盛り上がります。生地にのせやすく、にじんだり、垂れたりなどの問題の起こらない適度な粘性、加熱とふくらみの絶妙な加減、経年や洗濯による割れ・剥がれなどが生じない耐久性の追求など、立体塗料の開発は苦労と工夫の連続。「伝統技術である友禅染に現代的な要素を加え、多くの方に身近なものだと感じていただくことで、友禅染の素晴らしさをずっと未来に伝承させていきたい」という開発者の熱い思いが込められています。
京高盛絵は、身につける人も、見る人も楽しめる、古典的かつ現代的な新しいファッション。世界にふたつとない、多彩華麗な立体的な絵柄を、日々のおしゃれに取り入れてみませんか。